04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

海水魚飼育 ニモ君とスズメちゃん.........その後 

 
 ブログの題名に追加した (もう1匹もいない) が、

 以外にウケている、今日この頃.....



 さて、

 海水魚の本格的飼育から、1か月半を経過

画像 001

 ネット上で自分なりにいろいろ勉強しながら、

 なんとか継続している海水魚飼育


画像 002

 買った時より、少しは大きくなったのだが、

 やはり 『カクレクマノミ』 を鑑賞するにいたって、

 絶対見たいシーンはというと......



 .....そう


 このイソギンチャクとたわむれ、家のように住み家
 にするクマノミの姿である!!


P1060481.jpg



 ところが、イソギンチャクには1ヶ月ほど経っても

 近寄ることもなく、やっと最近、体をスリスリする姿が

 見られるようになってきまして.....





 そこでビッグサイズのサンゴイソギンチャクを投入!<(`^´)>





 ......すると



 
 なんと!

 
P1060488.jpg



 ビビッて、逃げ回ってる!!(-_-;)



 まあ慣れるまでは少しかかるようだが..... ( ^^)


 


 
 淡水魚のグッピーやテトラと違い、デリケートなこの海水魚達

 さらに、淡水より酸素が溶け込みにくい海水 (+_+)


 画像でもわかるように、エアレーションは通常の2倍 !(@_@)

 細かい気泡を大量に入れ、バクテリアをたくさん繁殖



画像 003

 そして、このようなライブロック(バクテリア付着石)を投入

  
 アンモニア濃度の高い糞尿をする海水魚たち

 水質の劣化速度は淡水よりも早く、放置すればすぐに全滅!(*_*)



 更に、無脊椎動物イソギンチャクの飼育も、光合成が必要な為、 
 光量(蛍光灯)を2倍にセット


 
 そうこういろいろと細かい水質管理を

 やっている成果もあり...........

P1060478.jpg

 春に捕ったアサリやオウミ貝は、1匹も死んでおらず、

 テッポウエビや、拾ってきた石についていたゴカイまで

 全部元気です!





 これがまさに......


 『 自宅海洋水族館 』



 さあ! みなさん!!



 淡水魚ではこの美しいカラーは出せません!!




 ぜひ、海水の熱帯魚 !



 
 
 これを機会に飼育してみませんか?(^^)










 ちょー!めんどくさいですよ!(;゚Д゚)
 


 
 次回をお楽しみに...

スポンサーサイト

テーマ: 趣味と日記

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 助手!初の海釣り!『黒井漁港釣堀』  |  愛車ZZR! ついにマフラー改! »

この記事に対するコメント:

人気のニモちゃんも元気そうでよかったです。意外とアサリが長生きなのですね。どれくらい生きるのでしょう?
しかし、海水魚の管理って大変なんですね。我が家では、絶対無理です!!
淡水魚でも最近子供たちが興味を失って水替えも私一人(泣)。青ザリがいなくなったら撤収決定です。

みやま #- | URL | 2015/07/18 06:10 * edit *

みやまさん

貝の飼育で、一番の問題は餌のようです

主食になる植物プランクトンなんか売ってないものですから....


まあ、魚の糞とか食べ残しとかで生き延びてるのでしょうけど....


それよりイソギンチャクの方が難しいかもです。(^▽^;)

HI..sany.YA #- | URL | 2015/07/18 10:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://zarigani130.blog.fc2.com/tb.php/313-991385f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

画像 画像 60 エリート2   画像 001 父ザリ 画像A 001 母ザリ トップ 画像 006