09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

『チーム痢威蛾』春の大ツーリング【佐世保、平戸、生月島】その4  

 翌朝

 民宿ならではの朝ごはん。

 毎度の事だが、日頃は良くしゃべる隊員たち。
 なぜか朝は皆無口だ!(^_^;)   
画像 047

平凡な朝食だったが、
 かにの味噌汁はいいだし汁がでて美味かった。

 そして前日の刺身の残りを、
 大佐が卓上にあったゴマドレと醤油で漬けに!
 
 さすがプロ職人の発想。 

 実はこれが一番美味かったかも!!(^^)

  
 

 そして部隊は生月島の西側にある、鷹の巣トンネルへ。

 この断崖絶壁の上に鷹の巣があるらしい。
画像 046

 生月島は、日本有数の猛禽類の生息地らしく、
 絶滅危機の品種も多いとの事。

 撮影編集長のS隊員も過去に来た事がある、おすすめの場所だ。

 
 隊員たちも静まりかえり、辺りを見回す!

画像 049


 そして...


 しばらく沈黙が続く中....



 ついに..........!




 
 大きな黒い影が...........!






 その姿を現したのだ!

画像 048

 私は無我夢中でカメラのシャッターを!!

 隊員たちも沈黙のまま、上空の1点を見つめている



 と、その時!!!



「ピーヒョロロー」


「え??」


 ただの普通のトンビじゃねーか!(;一_一)

 っていうか、どこにでもいるし...(>_<)

 そもそも隊員皆、トンビと鷹の区別など分らないので、
 鷹が飛んでても分るわけがない!




 ※しかしその後、トンビとはあきらかに違うスピードで
 急降下する大型の鳥を確認。
 残念ながらカメラには収める事はできなかったが、 
 後で資料館の方に確認すると、『ミサゴ』という鷹のようでした。

 画像 062
 写真 カワハギを捕まえて飛ぶ『ミサゴ』 
 ※写真提供は 生月島『島の館』


 そして部隊は資料館へ
画像 051

 この島は、昔は捕鯨で有名な場所だったらしい。
画像 052

 すべての写真はUPできないが、鯨に関する資料が多く、
 この島の歴史や文化など、数多くの展示品が並んでいた。
画像 054   
画像 059
 
 最後に記念撮影!

画像 064

 資料館の方、有難うございました。



 
 そして、部隊は帰路へ.....




 まだ........続く。



 ちょっと飽きてきた!?



 
スポンサーサイト

テーマ: ツーリングレポート

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 『チーム痢威蛾』春の大ツーリング【佐世保、平戸、生月島】その5  |  『チーム痢威蛾』春の大ツーリング【佐世保、平戸、生月島】その3  »

この記事に対するコメント:

生月島の西側にある、鷹の巣トンネルには、行ったことがなかったです。きれいなところですね。走っていてとても気持ち良さそうです。
あれ、あきてきましたか?そろそろ、秘蔵のネタで大人気の「幼虫ネタ」をぶちかます頃では・・・(笑)。

みやま #- | URL | 2013/05/15 06:33 * edit *

Re: タイトルなし

平戸と生月島はバイクで走るのは最高でした。
ただ、2日目はものすごい強風で、皆、死にそうになってました。(@_@;)

幼虫ネタ!現在下書き中! ご期待ください。

HI..sany.YA #- | URL | 2013/05/17 06:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://zarigani130.blog.fc2.com/tb.php/204-74acf6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

画像 画像 60 エリート2   画像 001 父ザリ 画像A 001 母ザリ トップ 画像 006