05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

メスしか存在しない 不思議なザリガニ 

このザリガニ、日本名でミステリークレイフィッシュと言う名で数年前から
流通し始めたザリガニで、正式にはマーブルクレイフィッシュ
(大理石班模様のザリガニ)というのが正しいのでしょうか。
このザリガニは単為生殖、すなわち受精なしでも繁殖できるザリガニで、
メスしか存在しません。
この業界ではすでにメジャーになり、あえてご説明は省きます。
※インターネット上にも数多く記載がありますので、そちらをご覧ください。
ミステリー3
単為生殖する動物は、他にも数多く存在しており、例えば、かたつむり
ミジンコ カブトエビ アブラムシ ギンブナ etc...等、決して珍しくはない
のですが、私が不思議なのは単為生殖する場合、その子どもは
必ずクローン(同じ分子・DNA・細胞・生体)を持つことになり、姿形だけ
でなく中身まで全く同じになるはずです。

ところが、下の写真はこのザリガニの母親です。

他のホームページや書籍を読むと、捕食するものの
違いで体色は異なるとありました。
同じ水槽の環境下で、同じ餌を与え続けているにも
拘らず、なぜ全く色の違う外形になるのでしょうか?
クローンなのに全く不思議です。
ご存知の方、ぜひコメント覧までお教えくださいませ。

 
スポンサーサイト

[edit]

« ミステリークレイフィッシュの抱卵  |  子ザリと天敵 »

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://zarigani130.blog.fc2.com/tb.php/19-97cd6367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

画像 画像 60 エリート2   画像 001 父ザリ 画像A 001 母ザリ トップ 画像 006