05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

多彩な色のミステリークレイフィッシュ 

 今回は、現在ヤフーオークションで出品中の
 ミステリークレイフィッシュの画像特集。

『水色個体』 
ヤフ1

 実は今から約1年ほど前までは、青いミステリーを
 オークションで販売している方は、ほとんどいなく、
 『ブルー系』の茶色まじりの個体もしくは、『茶』
 しか出回ってなかったのは、皆様ご存知でしたでしょうか?

『水色個体』
ミス2

 私のミステリーの先生『舞』さんとも知り合った
 のもその時期。

 
 あれから約1年で、青ミステリーをオークションで
 販売する方は、ものすごい数になりました。

『青個体』
画像A 002

 今では専門ブリーダーさんたちが大量飼育し、
 私の自宅の限られた飼育スペースでは、
 もう追いつかないのが現状です。


『青個体』
画像A 004

 あまり欲をだすと、ろくな事に........。
  
  
 今後は少しづつ縮小して、フロリダブルー1本
 にするのも検討していこうかとも思ってます。

『ノーマル個体』
ヤフ3
 
 
 ご希望の方はヤフーオークションまで↓

   ミステリークレイフィッシュ
 

 
スポンサーサイト

テーマ: 趣味と日記

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 「日本一長い橋」 1人ツーリングの巻  |  日帰りバスツアーの巻(後編)  »

この記事に対するコメント:

ミステリィもいろいろな種類があったのですね。(せっかくいただいたのに、過去形にしてしまってスミマセン。ザリガニの行動力をなめてました)
やはり、ブルー系が綺麗に見えますね。

みやま #- | URL | 2012/03/21 22:58 * edit *

みやまさん

おはようございます。
ミステリーは、環境、餌、水質などで、外殻色素が目まぐるしく
変化するザリガニです。

体色を固定化するには、長期に渡る累代飼育を重ね、
環境に影響されない遺伝子の個体を作るという、
大変な手間がかかります。
【MAI BREDER】の舞さんは、その件についてくわしく
研究されてますので、良ければご覧くださいませ。

ある意味、学者の域なので、私にはとても....。(@_@)

HI..sany.YA #- | URL | 2012/03/22 09:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://zarigani130.blog.fc2.com/tb.php/108-2ef60152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

画像 画像 60 エリート2   画像 001 父ザリ 画像A 001 母ザリ トップ 画像 006