05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

 我家の ★カクレクマノミ物語★ 

 『カクレクマノミ』

 
 スズキ目スズメダイ科

 クマノミ亜科に属する海水魚の一種   

 ※WIKIより



 イソギンチャクと共生の関係であり

 カクレクマノミは体表から分泌する特殊な粘液によって

 イソギンチャクの毒針から守られている。

 この粘液はイソギンチャクが出す粘液と似ており、

 毒針の発射を抑えてくれるのである。



 成長していくと、体のサイズにバラつきができ、

 一番大きな個体がメス、二番目がオスとなり

 2匹でイソギンチャクを独占します。


 イソギンチャクを独占したペアは、それに入ろうとする

 クマノミを激しく攻撃します。

 ※他のネットから引用









★カクレクマノミ物語★



画像 005


『わたしたち、結ばれたのよね』

sample_touaka.gif
くろちゃん



『当たりまえじゃねーか!』

wild-clown-fish-illustration_small.jpg
ニモ君






    
 

画像 006

『 ちゅーーーーーっ!!





..................





『待って!どうして!!』

画像 044

モナちゃん

yjimageCAFAGRLC.jpg


『私、あなたの子供を生むために

こんなに大きくなったのよ!』







ニモ君
wild-clown-fish-illustration_small.jpg

『うるせーんだよ!!』
『お前がデブになっただけなんだよ!!』




モナちゃん
yjimageCAFAGRLC.jpg

『そっ!そんな』 (;_:)



画像 011



『邪魔するやつは!! こうしてやる!!』

画像 013

モナちゃん
yjimageCAFAGRLC.jpg


『えっ! ひどい!』 (;_;)/~~~


画像 014

 
モナちゃん
yjimageCAFAGRLC.jpg
『キャー!!!
助けてー!!!!』







画像 017

ミニイソギン君
119246s.jpg
『俺!迷惑なんだけど! しらねーし』



※嫌気がさしたのか
ついにガラス面右端に逃走!





..........と言う事で




画像 020

特大イソギン君を投入することに.............





画像 019
※写真の中央手前、黒石の右がミニイソギン君
 奥右が特大イソギン君






はたして.........





今後の行方は..............







次回をお楽しみに 





























 



 
スポンサーサイト

[edit]

画像 画像 60 エリート2   画像 001 父ザリ 画像A 001 母ザリ トップ 画像 006